交通事故問題に強い名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所、旭合同法律事務所(16名在籍)の交通事故専門 サイト。交通事故問題についてQ&A。電話法律無料相談を受け付けております。土日も担当弁護士が電話法律無料相談を実施

飲酒運転であることが事故の賠償額に影響するのか?

交通事故の被害に遭ったとき、加害者が飲酒運転であった場合、賠償額の慰謝料に影響するのでしょうか。
加害者に飲酒運転という法令違反があっても、被害者に対しては、「自賠責保険」や「任意保険」の「対人賠償保険」及び「対物賠償保険」による補償の対象になります。

高齢者と交通事故について

最近、高齢者ドライバーによる悲惨な事故が後を絶たず、大きな社会問題になっています。運転免許証の自主返納制度を活用したり、強制返納制度の仕組みを導入したりしようなどと盛んに議論されているのはご承知のとおりです。その一方で、少子高齢化の影響から、高齢者が交通事故に遭う機会が増えているのもまた事実です。

*

交通事故の損害賠償について具体的にどのようなものが認められるの?

Q 先日、車を運転中、赤信号待ちで停車していたところ、後ろから来た車に衝突され、1か月入院しました。保険会社と 交渉中ですが何が請求できますか?
A 治療費、入院雑費、休業補償(賞与減額を含む)、慰謝料が請求できます。更に医師の指示がある場合や重傷の場合には付き添い費用も認められます。