交通事故による重度後遺障害による介護料

自動車事故が原因で、脳、脊髄又は胸腹部臓器を損傷し、重度の後遺障害を持つため、移動、食事及び排泄など日常生活動作について常時又は随時の介護が必要な状態になった場合、独立行政法人自動車事故対策機構(旧自動車事故対策センター)から介護料が支給されます。

私自身は、交通事故によって植物状態となったお子様の事件を担当した際に介護料支給を受けました。

この介護料は、自賠責保険からの保険金などと違って、交通事故の損害賠償金から控除されることもありません。

そのため、このような交通事故被害の場合には、活用が必要となります。

About Author

木下敏秀

木下敏秀

弁護士 木下敏秀(きのしたとしひで)
【主に従事してきた分野】
離婚、相続、任意後見、高齢者の財産管理、信託、交通事故、残業代金の未払、消費者問題、マンション管理
会社再生・倒産処理、欠陥住宅、コンプライアンス委員会の設置、フランチャイズ本部の立ち上げ
【所属等】
日本弁護士連合会 ひまわりホットダイヤル担当弁護士
愛知県弁護士会 地域弁護士制度担当弁護士
大手理容美容専門学校 コンプライアンス委員長
日本交通法学会所属
【著書(共著)】
名誉棄損・プライバシー